こども学科

「知・徳・技」の調和的人間形成を目的に教育者・保育者としての専門的知識・技能・実践力を身につけます。

保育士や教員は、子どもにとってのお手本。
保護者から離れて過ごす時間、子どもが寄り添うのはあなたです。
こども学科の先生たちは、学生一人ひとりが、幅広い教養と専門知識、実践力を身につけ、保育士や教員という夢を実現し、子どものお手本となる人間になって欲しいと願っています。

学科のニュース
  すべてのニュース

4つの免許状・資格が取得可能です

2年間で卒業と同時に4つの免許状・資格が取得可能です。

幼稚園教諭
二種免許状 (文部科学省)
幼稚園の教諭となるための資格
小学校教諭
二種免許状 (文部科学省)
小学校の教諭となるための資格
保育士資格
(厚生労働省)
保育所や児童福祉施設、障害者施設などの社会福祉施設で働くための資格
ベビーシッター資格
(公益社団法人全国保育サービス協会)
専門的な知識や技能をもって在宅保育を行うプロの認定資格

資格支援のための強力なサポート

教員・公立保育士を目指す学生に受講料無料の対策講座を開講しています。

公立小・保育士特別支援講座

公立小学校教員、公立保育士を目指す講座です。本学の専任教員に加え、外部講師(元校長先生)による直接指導のもと、論作文添削や個別面接指導など実践的に学びます。

地方初級公務員試験対策講座

公立保育士、短大卒公務員を目指す講座です。数学、国語、経済の勉強、論作文の指導をします。

教員採用試験対策講座

小学校の教員を目指す講座です。採用試験の教職教養分野(教育原理、教育法規等)を中心とした内容で、論文や面接の対策も万全です。

目指す教育者・保育者像

子どもを取り巻く家族・地域・社会に関する幅広い知識と教養を備え、豊かな人間性とコミュニケーション能力を身につけ、子どもの健やかな成長を支えることができる。
2年間の学びを基盤として、教育及び保育における理論や保護者支援に関する理論を習得し、それを実践する力を備えた教育者や保育者として社会に貢献することができる。
一人ひとりに温かいまなざしで向き合うことができ、子どもの最善の利益のために尽力できる確かな指導力を身につけることができる。

 

こども学科の特徴

1 一貫性のある教育システム
初年次の教養科目からプロの教育者・保育者として求められる専門知識、技術まで、理論と実践をバランスよく学びます。川口短期大学独自の教材で入学から卒業までの学びをサポートします。
2 一人ひとりと向き合う少人数教育
学生一人ひとりの理解度を確認しながら、授業をわかりやすく進めます。専任教員がチューター(担任)として、きめ細やかな個人指導を行います。
3 充実した実技指導~音楽・造形~

電子ピアノ45台が設置された音楽室。モニターで先生の指の動きも確認できます。

豊かな表現力を育成するため、複数の専任教員が丁寧に指導をします。音楽室、個人レッスン室、図工室が整っています。

【 音楽室:MLシステム・モニター完備 】MLシステムとは、ミュージックラボラトリー・システムの略。その他、カメラとモニターも活用し、集団の授業であっても全員が同時に指導者の指の動きを確認しながら、効率的な鍵盤学習を行うことができます。

 

まなびの魅力

2年間という短い時間で、最大4つの免許状と資格を取得するには、考え抜かれたカリキュラムと充実した学びの環境が必要です。現場経験豊富な教員が皆さんの不安を払拭しながら、取得までの道のりを全力でサポートします。

 

ピアノの個別指導

ピアノ初心者のために、一人ひとりに合わせた個別指導を行っています。レッスンをしてくれる先生方は、演奏家としても活躍しています。練習で困ったことや上達の秘訣など相談にのってくれるので、ピアノが上達します。MLシステム※もあり、初心者にわかりやすい授業です。

※ミュージックラボラトリーシステムの略。指導用楽器(親機)と学生用楽器(子機)をケーブルで接続し、集団での鍵盤学習を効率的に行います。

徹底した実践教育
例えば保育内容(表現・造形)では、幼児の創造力や想像力を伸ばすための造形、芸術的な感性・独創性を磨くための造形を目指しています。保育の現場で実践する力を身につける授業をしています。
人間性を育む教育
芸術鑑賞会やテーブルマナー講座などの行事も充実しており、学外活動を通じて社会人としてのルールやマナー、豊かな人間性を育みます。
充実した初年次教育

免許取得に必要な必修科目を中心に、子どもへの理解・知識を深めながら後期より始まる実習に備えます。
子どもをめぐる教育学の基本的知識や発達心理学などを必修で学ぶとともに、目指す将来に向
け必要な科目を選択し学んでいきます。

たとえば・・・

知の技術~教員保育士養成基礎講座~
教員や保育士を目指すため、社会人として身につけるべきスキルやマナーを修得し実習に備えます。

きめ細やかな実習教育

課題を明確にして実習に臨み、保育士・幼稚園教諭に準ずる立場で実践を学びます。

事前指導
実習で具体的にどのようなことを学ぶのか、また日誌の書き方など細かく丁寧に指導します。

実習中
専任の先生方が実習巡回します。悩んでいることをその場で解決しながら、実習期間を有意義に過ごします。

事後指導
実習を振り返り、反省点や改善できる点を自分で考え、次に活かせるように先生と一緒に考えます。

たとえば・・・

教育実習 Ⅰ(幼稚園:2週間)
幼稚園で子どもたちと生活を共にし、幼児の発達や、子どもたちを支える幼稚園教諭の役割や仕事内容を具体的に学びます。また、子どもたちの前に立ち、自己紹介や手遊び、絵本の読み聞かせなどに挑戦します。

初めて「先生」と呼ばれ、とても嬉しかったです。手作り教材を使うなど、自分なりに子どもたちとの距離を縮める工夫をしました。

 

保育実習 Ⅰ(保育所:12日間)
保育所での生活を体験し、保育所の役割や機能を理解します。さらに、乳幼児の心身の発達を理解するとともに、「子どもにとって最善の利益」とは何かを学びます。

活発に動く赤ちゃんのオムツ替えや着替えを実体験しました。頭で考えるだけでなく、実際の赤ちゃんに接することで、乳幼児への愛情が深まりました。

卒業前の総仕上げ

就職活動が本格化。実際に現場で働くことをイメージし今までの学びを整理・確認します。

たとえば・・・
保育・教職実践演習
履修評価表 (かわたんシート)を通じ、2年間の学びの整理を行い、知識・技術について習得できているか確認し、現場に出るための心構えをします。

 

実習体験記

「保育実習Ⅰ」体験メモ
少しでも出来たら「褒め言葉」!
月齢や年齢で声かけを変えるのも大切。

M.O. さん 2年生(福島県立会津学鳳高等学校出身)

一緒に遊ぶ中で、楽しいという感情の共有とともに、子どもの性格や
状態を観察できると気付きました。
子どもの意欲を伸ばす声かけはとても大切。子どもの発想はとても豊かで、
ペープサート※の部分実習でクイズをすると、みんなが意欲的に答えていて、
いっぱい褒めました!

※ペープサートは日本で生まれた、「ウチワ型紙人形劇」です。

● 実習中のある1日のスケジュール

 

保育者には観察力が必要だと学びました

A.F. さん 2020年3月卒業(埼玉県立北本高等学校出身)

保育実習では、例えば食べるのが早い子には「よくカミカミしてね」と声をかけるなど、一人ひとりをよく観察することが大切だとわかりました。
造形やピアノなど授業で学んだことが実習先でも役立ったので、
自信につながりました。

● 実習中のある1日のスケジュール

 

「教育実習Ⅱ 」体験メモ
成長していく力をつける、
その補助輪が先生なんだと感じました。

H.S. さん 2021年3月卒業
(埼玉県立越谷東高等学校出身)

幼稚園実習では、子どもたちに“できた状態”ではなく、自分で“できる状態”を
渡す大切さを学びました。
そこで味わう達成感が、彼らの成長につながっていくからです。
10日間という実習期間でしたが、授業での発表経験も活き、自信をもって
前に立つことができました。

● 実習中のある1日のスケジュール

 

 
実習で学んだ、言葉かけの大切さ

R.Y. さん 2020年3月卒業
(埼玉県立与野高等学校出身)

年少さんクラスの責任実習では、決まったスケジュールの中で子ども一人ひとりに目を配るのがとても大変でした。以前から障がいの分野にも興味がありましたが、
自閉傾向の子と接して、その思いがより強くなりました。

● 実習中のある1日のスケジュール


 

在学生のおすすめ科目

保育内容(表現・造形) Ⅰ・Ⅱ


子どもたちが楽しめる作品の作り方と効果的な指導法を学びます。

左:K.I. さん 2年(山村学園高等学校出身)
右:Y.T. さん 2年(埼玉県立上尾鷹の台高等学校出身)

さまざまな造形活動を通し、自分の感じたことを表現する力を身につけ、どのように指導すれば効果的かを考える授業です。絵本や紙芝居、パネルシアターなど、たくさんの作品を手作りします。初めは絵を描くことが苦手な人も多いですが、クラスメイトの作品を見る中で、技術よりも個性を表現することが大切だと実感します!

子どもたちに楽しんでもらいたいから、作品は自分たちの手で作りあげます!

C.K. さん 2年(埼玉県立草加高等学校出身)

絵本や紙芝居、パネルシアターなどを手作りします。最初は工作などに苦手意識がありましたが、技術よりも子どもたちの興味を引き出すことが大切だとわかり、楽しく取り組めるようになりました。クラスメイトの作品もとても個性豊かで、いつも色々なアイデアをもらっています。

 

1年次後期 時間割例

[タップで拡大]

 

乳児保育 Ⅰ・Ⅱ


赤ちゃんの発達に応じた支援をするには、幅広い知識と技術が必要です。

左:I.Y. さん 2年(埼玉県立栗橋北彩高等学校出身)
右:M.N. さん 2年(埼玉県立三郷北高等学校出身)

乳児(0~2歳)を対象とした保育を学びます。授業では赤ちゃんの発達過程や各地域の子育て 支援、あそびに関する知識を学んだり、パネルシアターの制作・発表もしました。また実習前には、おむつ替えやミルク作り、着替え、沐浴などを練習します。子どもの発達段階によって、保育士の役割も変わるということがわかりました。

実習先でスムーズにおむつ替えができたのは、授業で繰り返し練習していたおかげです。

A.M. さん 2020年3月卒業 (埼玉県立八潮南高等学校出身)

ミルク作りやおむつ替え、着替え、沐浴など、乳児の生活を支えるための技術を学びます。授業では実際の乳児と同じ大きさの人形を使いますが、最初は「小さい!」と驚きました。赤ちゃんとのコミュニケーションを学ぶ目的もあるので、人形に名前をつけ、話しかけながら練習しています。

2年次後期 時間割例

[タップで拡大]

 



内定者インタビュー

社会福祉法人友好会 遊美保育園 内定

子どもたちの良いところを褒めて伸ばしてあげたい!

S.I. さん こども学科 2021年3月卒業(埼玉県立鴻巣女子高等学校出身)

川口短期大学を選んだのは、たくさんの資格が取得できることが
魅力的だったからです。子どもの主体性を重視した教育方針の
遊美保育園に内定できたことも本当に嬉しかったです。
実習先としてお世話になった時も、
子どもたちがのびのびと活動している様子が印象的でした。
私も子どもたちの良いところを存分に伸ばせるような
保育士になることが近い将来の目標です。

公立保育園 那須塩原市 内定

公務員試験に合格できたのは先生方のおかげです

S.S. さん こども学科 2021年3月卒業(栃木県立黒磯高等学校出身)

公務員保育士になることが夢で、その充実した対策制度のある
川口短期大学を選んで大正解でした。
無料で受講できる公務員試験対策講座で1年間しっかり勉強し、
面接指導や提出資料の添削なども
先生方に細かく丁寧に見ていただきました。4月から地元栃木県に戻って
働くことになりますが、今から期待とワクワクでいっぱいです。
持ち前の笑顔を活かして夢を叶えます。

小沢学園 松原幼稚園 内定

実習先で褒められたことが自信になりました

N.T. さん こども学科 2021年3月卒業(埼玉県立川口東高等学校出身)

先生の丁寧なアドバイスや就職サポートが充実しており、
安心して幼稚園教諭を目指すことができました。
実習時もすぐに相談できる環境なので、心強かったです。在学中は
おもちゃインストラクターや救急救命など、自信に繋がる資格も取得。
実習先で「ここで働いてほしい」と嬉しいお言葉を頂き就職を決めました。
保護者・児童に頼られる先生を目指し頑張りたいです。

社会福祉法人埼玉県社会福祉事業団 内定

施設で暮らす子どもたちに、家族のように信頼されたい

W.S. さん こども学科 2021年3月卒業(埼玉県立大宮中央高等学校出身)

実習先の児童養護施設で
「家族と暮らせない子どもたちを支えたい!」と強く感じ、複数の
児童福祉施設を運営している社会福祉事業団を志望しました。大学では、
0歳から12歳まで幅広い年代の子どもの発達を学ぶことができたので、
川短を選んで本当に良かったです。
子どもたちの「第2の母」として、
一人ひとりに丁寧に寄り添っていきたいです。

千葉県流山市(公立保育士) 内定

全国保育士養成協議会会長 表彰

公立保育士として、頑張る保護者を支援したいです。

N.S. さん こども学科 2020年3月卒業( 千葉県立我孫子高等学校出身)

働く保護者への支援に力を入れていることに魅力を感じ、勤務先として千葉県流山市を選びました。エクステンションセンターを活用して取得した、秘書技能検定2級やベビーシッターの資格を活かして、保護者の方々が子育てと仕事を両立しやすいまちづくりに貢献していきたいです。

南越谷幼稚園 内定

1年目から担任に!子どもと一緒に成長していきます。

N.H. さん こども学科 2020年3月卒業( 埼玉県立新座柳瀬高等学校出身)

南越谷幼稚園に見学に訪れた時に、先生方のやり取りの様子や園の雰囲気がとても明るく、ぜひここで働きたいと思い希望しました。この春、1年目から園児たちの担任としてクラスを受け持つことになります。何でも楽しんで積極的にチャレンジしたいと思います!

東京都済生会中央病院附属乳児院 内定

幼稚園でも保育所でもなく「乳児院」で働きたかった!

M.O. さん こども学科 2020年3月卒業(浦和麗明高等学校出身)

内定先の乳児院は、0歳から2歳までの乳児(孤児)を対象とした児童福祉施設です。私たち保育士が親代わりとなり、退院までの期間、生活のすべてを支えていくことになります。乳児一人ひとりとじっくり時間をかけて向き合っていきたいと思っています。

卒業生メッセージ

あけぼの第2保育園 勤務

S.F. さん こども学科 2019年3月卒業(秋田県立西仙北高等学校出身)

頑張って成長していく子どもたち。
保育園は、感動にあふれている。

運動会で一生懸命に走ったり、全力でカラダを動かす子どもたち。競い合い、負けた悔しさを乗り越えようとする姿や、発表会で練習を積み重ね堂々と歌やダンスを披露している姿など、子どもが自ら成長していく姿を通して、たくさんの感動を得ています。子どもは私たちが思っている以上にたくさんのことを考えています。だからこそ、目の前の子どもたちの思いや気持ちを共に感じ合うことを大事にしています。子どもに寄り添う保育を常にしていきたいと思います。

 

普門院幼稚園 勤務

A.H. さん こども学科 2013年3月卒業(埼玉県立川口東高等学校出身)

幼稚園ならではの経験を
子どもたちにはたくさんしてほしい。

年少組の担任を務めています。幼稚園教諭としてのキャリアを積み重ね、子どもたちと一緒に自分自身も楽しみながら保育ができるようになりました。一つの遊びからいろいろな遊びへと展開することで、子どもたちの表情がどんどん輝いていくのがうれしいです。それは、幼稚園教諭として成長したからこそ得られるやりがいです。子どもたちには、お家ではできない全員で楽しめる遊びなど、幼稚園だからこそ経験できることをもっとさせてあげたいと思っています。

船橋市立金杉小学校 勤務

M.S. さん こども学科 2018年3月卒業(千葉県立市川昴高等学校出身)

子どもがいきいきと学べるような
好奇心を育てる授業を展開したい。

現在小学2年生のクラスを担当しています。心がけているのは、子どもたちが45分間の授業を集中し続けられる工夫。視覚的にわかりやすい教材を用意するなど、事前準備には時間がかかりますが、「できた!」「わかった!」と、子どもたちが理解してくれることは大きなやりがいです。学生時代に学んだのは、大人の感覚ではなく、子どもの立場になって物事をとらえる大切さ。今後もこの教えを胸に、子どもたちの可能性を伸ばしていきたいです。

 

越谷市立宮本保育所 勤務

M.S. さん こども学科 2018年3月卒業( 埼玉県立草加南高等学校出身)

はじめて受け持った子どもたちがもうすぐ卒園!一緒に成長した、幸せな時間でした。

母園でお世話になった先生と一緒に働きたかったため、越谷市の公立保育士を目指しました。逆上がりができた時、自分のことのように喜んでくれたのをよく覚えています。私が初めて受け持った子どもたちは、もうすぐ卒園。離れたくない思いもありますが、小学校に通う前の基礎を築くことが、今の私の役割です。集団生活ではルールを守る時と自分を表現する時のメリハリが大切なので、私自身も指導する時は厳しく、遊ぶ時は一緒に楽しむことを心がけています。そして憧れの先生のように、子どもたちの記憶に残る先生になりたいと思います。

朝霞たちばな幼稚園 勤務

A.S. さん こども学科 2015年3月卒業( 秋草学園高等学校出身)

「発達の個人差」に目を向け、子どもたち一人ひとりと向き合いたい。

幼稚園の頃、優しい担任の先生に憧れ「私もこんな素敵な先生になりたい!」と思い幼稚園教諭を目指しました。川短を選んだのは支援や環境が整っていたから。授業は楽しく、学生生活も充実して過ごしました。姉と妹も川短のこども学科に進学! 3姉妹で同じ先生方にお世話になりました。今は、実際に現場で子どもたちと接し「発達の個人差」にどのようにアプローチするかを考えながら向き合っています。また家庭との連携も重要。どのようにすれば保護者にとって良い連携をとれるかなど、日々さまざまなことを学び、次につながるよう成長したいと思っています。

川口市立上青木小学校 勤務

R.T. さん こども学科 2017年3月卒業( 福島県立いわき総合高等学校出身)

子どもの人生にとって、大切な時を共に過ごす。これが小学校教諭のやりがいです。

高校時代に演劇部の活動で小学生とワークショップをしたことが、今の仕事を目指したきっかけです。1年生の担任になった今、実感しているのは、「小学校での学びがその後の人生の基礎になる」ということです。だからこそ一人ひとりの小さな成長を見逃さず、できた時は一緒に喜ぶことを大切にしています。6歳から12歳までの大切な時期を一緒に過ごせる喜びをいち早く感じることができたので、川短を選んで本当に良かったです。今後は特別支援学校教諭の資格を取得し、さらに活躍の場を広げたいと考えています。

  もっと見る

 

 

編入学

埼玉学園大学への編入学(川口短期大学併設校)

川口短期大学の併設校である埼玉学園大学(人間学部・経済経営学部)へは指定校推薦により優先的に編入学ができるうえ、入学金が全額免除となります。川口短期大学での学習内容を踏まえ、一人ひとりの目標に合った教育を受けることができます。

他大学への編入学

川口短期大学の卒業生は、埼玉学園大学以外の大学へも編入学しています。希望者は他大学の編入学指定校制度も利用できます。

理想とする“先生”に、より近づくための選択。

編入先: 埼玉学園大学人間学部子ども発達学科

R.I. さん こども学科2年(埼玉県立朝霞西高等学校出身)

小学校の先生をしている親戚が3人もいるので、いつしか私も先生への憧れが強くなりました。短大での2年間で、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の資格・免許を取得し、短大卒業と同時に、埼玉学園大学への編入学を予定しています。さらに学びを深め埼玉県の公立小学校への合格を目指します!

 

 

将来の可能性が広がりました!

編入先: 埼玉学園大学人間学部子ども発達学科

M.K. さん こども学科2019年3月卒業後編入(埼玉県立川口青陵高等学校出身)

2年次の保育園実習で教育の重要さを知り、もっと深く学ぶために大学編入を決めました。現在は川短での学びを土台に、0歳から12歳の子どもの成長について幅広く学んでいます。幼稚園・保育士に加えて小学校教諭への理解も深まり、編入して本当に良かったと感じています。

© 2016-2021 Kawaguchi Junior College. All rights reserved.

資料請求はこちら