本文へ移動
株式会社ロッテの浦和工場の見学に行ってきました(ビジネス実務学科吉沢ゼミ)
2024-02-22
カテゴリ:活動の紹介-ビジネス実務学科
株式会社ロッテの浦和工場の見学に行ってきました
株式会社ロッテの浦和工場の見学に行ってきました
ビジネス実務学科 吉沢ゼミ1年生が株式会社ロッテの浦和工場の見学に行ってきました。

私たちのゼミは「経営学」を中心とした勉強を行っています。経営学はモノづくりの現場から始まったことを踏まえた上で、実際のモノづくりの現場に出かけ知識を広げ知見を獲得するため企業や会社に出向き研修を行っています。

今回はロッテの工場にお邪魔してモノづくりの現場をじっくり観察してきました。ご存知のように経営学の研究対象は企業や会社です。企業という言葉がありますが、これはなにがしかの業を企てること、すなわち、企業が継続していくための中心的な活動を企てるということになります。企業継続の中心的な活動がモノやサービスの生産です。私たちの生活は、企業や会社が生み出す製品やサービスで成り立っています。モノづくりの現場を見ることは、これから社会に巣立っていく学生にとってとても意義深いことであり、さまざまな示唆を与えてくれるものと考えています。

株式会社ロッテの浦和工場の見学に行ってきました
ロッテ浦和工場はJR埼京線・武蔵野線の武蔵浦和駅近くにある市街地に位置する工場であり、大きな市場に近い場所にある工場です。工場従業員800人、生産品目はガーナチョコレート、パイの実、コアラのマーチ、アイスクリームの爽、モナ王など私たちになじみの深い製品ばかりです。

今回見学したのはパイの実を製造するラインでした。
まず各種原料を混合する機械でパイの実のパイ生地を作り、圧延したのち6角形に裁断します。その後50メートルはあろうかと思われる長大な焼成炉を通りじっくり丁寧に焼き上げ、冷却し袋詰めの工程を経て個装の製品となります。それらはロットにまとめられ出荷用の段ボールに箱詰めされます。収納された段ボールは別の階に移送され、さらに段ボール単位のロットで出荷用の荷姿になり、パレットに載せられ発送口へと移動されます。そして消費者へと届けられるのです。

消費者の「口」に入る食品であり製造現場は徹底した衛生管理がなされ、いわゆる「3S」が行き届いています。製造現場における各種工夫も施され、規格に合わない製品が流れると異常を知らせるランプが点灯するなど自働化された装置が各所に設置されています。広い製造現場には最新鋭の各種機械が設置されておりますが、それに比べ機械のオペレーションを担当する作業員の方の数が少ないのも理解できました。製造工程を窓越しに見ることで全体を俯瞰でき作業の流れがよく理解できました。
ゼミ生の気づきや感想
  • 今回の工場見学で特に印象に残ったのは、生産過程で排出された廃棄物を無駄にしないというところでした。パイの実の生産で、生地を無駄なく使うために六角形にする、焦げや割れてしまったものを別の産業に活用するなど会社としてSDGsやCSRを意識していることが実感出来ました。また、最新技術を活用して少人数で工場を稼働させていることから人手不足や生産効率の問題を解決するために自動化はこれから必要なことだと学びました。持続的に会社を運営し、社会に貢献しようと努力していることがわかる良い体験でした。

  • 浦和工場でしか箱のパイの実を作っていないなど、工場の場所によって作っているものがそれぞれ別々なことを初めて知りました。また、想像していたよりもほとんど機械によっての作業が多く、人の作業が少ないことに驚きました。

  • パイの実とアイスは浦和工場と九州工場でしか作られていないと聞いて驚きました。今まで見たことのない工場の施設、ロボット、作る工程などを知れてよかったです。

  • 工場見学をして学んだことは物作りには様々な人や機械が関わっていることが分かりました。たくさんの工夫をしてより良いものを提供する精神に感動しました。

  • 今回の工場見学で、お客様によりよい商品を届けるために色んな知恵を使い、たくさんの工夫を経て商品が作られているのだなと感じました。

  • 普段何気なく食べているお菓子の数々がこんなにも細かい工夫がされていることにびっくりしました。次にロッテのお菓子を口にする時には学んだことを考えながら気にしながら食べようと思います。

<いずれも原文のママ掲載>
株式会社ロッテ浦和工場
以上の通り、実際に生産現場を実際に見るといろいろ理解できる点や新たな発見や疑問が生じてきます。これが工場見学の醍醐味であり、さらに経営学への興味が増すことにつながります。現場を見ることでしか理解できないことが多くある、これが分かっただけでも見学した意義は大きいと感じます。
おわりに
最後に、今回の工場見学を通して気づいた点は、ロッテの工場見学の人気のすさまじさでした。8か月前に何とか予約が取れ見学が実現したのです。そして現地に赴かなくては分からないことを理解できる良い機会を得たのです。こうした製造現場を見学するという経験を通して、企業や会社とは何かを知り、理解する糸口を見つけることができます。

経営学をベースに学生には広い視野で物事を観察し、そこで繰り広げられているミクロの物事に関心を向ける「眼力」を身に着けてほしいと願っています。今回の工場見学はそうして私たちゼミのテーマに近づくよい機会となりました。

最後に当日私たちの見学にご同行いただき説明や何かとご配慮いただきましたロッテ浦和工場の担当者の方々にお礼申し上げます。

(文章作成:ビジネス実務学科 教授 吉沢 正広
2024年2月15日(木)長沼秀明教授の論説が埼玉新聞に掲載されました。
2024-02-15
カテゴリ:活動の紹介-こども学科
2024年2月15日(木)_長沼秀明教授_埼玉新聞

ゼミ(演習)をご紹介します
ITパスポート試験【国家試験】に合格
2024-01-24
カテゴリ:検定・資格合格者の声
 受講講座「ITパスポート試験講座【国家試験】」

 私がこの講座を受講したきっかけは、エクステンションセンターの講座ガイダンスへ参加した際に、社会人としての基礎知識、実務的なスキルを学生の内に身につけておきたいと考えたからです。

 講座内容は情報処理に関することの他、企業の経営戦略や経営管理に関することなど幅広く覚えなければならず、その中でも似たような英語表記を覚えることが1番の苦労でした。

 受講中は、勉強だけを頑張りすぎると疲れて集中力が続かないので、休憩時間に好きな曲を聴いたり動画を見たりしてリフレッシュしながら、「受講したからには最後まで頑張ろう!」という気持ちと、試験に合格しITの知識を身に付けることができれば、就活を1ミリでも有利に進めることができるのかも?というモチベーションで頑張りました。

 今後はITを活かした業務改善の提案や知識を基にシステム等の説明を、分かりやすくできるようにしたいと考えています。

 この資格はIT業界を目指していない人にもお勧めです。講座では社会で役立つ知識が学べるので気負わずに受講でき、試験に合格すれば「自分にもできるんだ!」という自信につながります。ぜひ頑張ってください。
「保育実習指導Ⅱ」(施設)の授業で、現場職員の方から実習に向けたお話をしていただきました(こども学科 授業紹介)
2024-01-23
カテゴリ:活動の紹介-こども学科
保育実習指導
こども学科1年生は、2〜3月にかけて保育所と施設での実習を行います。

このうち、施設実習は、乳児院、児童養護施設、障害児・者関連の各種施設など児童福祉施設を中心とした社会福祉施設で12日間の実習を行います。実習指導の授業の中で、約半年かけて実習に向けた様々な準備を行っています。

1月10日の「保育実習指導Ⅱ」の授業では、NPO法人チャイボラの髙木さんをゲストにお招きし、講義をしていただきました。
児童養護施設とは?実習で気をつけることは?
保育実習指導
児童養護施設の職員でもある髙木さんからは、「社会的養護に関するクイズ」を導入に、まず、児童養護施設での生活の様子について、映像を交えてご紹介いただきました。その上で、職員としての実習生の受け入れ経験も踏まえて、実習に向けた心構えやアドバイスをお話しいただきました。

最後に、事前に集めた質問やその場で出された質問に回答いただきましたが、学生からも教員からもたくさんの質問が出されました。

例えば、「(18歳以上の子どもも利用するようになって)年齢が近い人や年上の人にどのようにかかわったら良いか?」「子どもにとっては家庭でもあるところに実習生が入ったときに、「よそもの」のようにならないのか?」「家族のように暮らす職員には、職員自身のプライベートな時間は取れるのか?」「お小遣いやスマホの所持はどうしているのか?」など、施設での生活に関わることから実習する上での子どもとの関係づくりに関わることまで様々な質問が出され、一つ一つに丁寧に回答くださいました。
実習に向けて
今回お話いただいた内容を生かし、十分に準備して実際の実習に臨んでほしいと思っています。また、保育士資格を活かし、児童養護施設など児童福祉施設でも働くことができます。学生からは、「(ポジティブな意味で)児童養護施設のイメージが変わった」「施設での生活も自分たちの「普通」の生活と変わらないと知った」「これまで全く考えていなかったが、就職先としても考えてみたい」などの声も聞かれ、実習だけでなく、進路選択の参考にもなる貴重な機会となりました。

髙木さんはじめNPO法人チャイボラ様に、心より感謝申し上げます。
 
(保育実習指導Ⅱ(施設)担当)
令和6年3月22日(金)学位記授与式を挙行いたします
2024-01-19
カテゴリ:在学生の方へ
令和5年度学位記授与式を、以下のとおり挙行いたします。

1.日時 令和6年3月22日(金)午前11時 開式(受付開始時間 午前10時)

2.会場 川口短期大学 体育アリーナ

3.参列者 ご家族の方も参列していただけます。
色彩検定3級に合格!!
2024-01-18
カテゴリ:検定・資格合格者の声
 受講講座「色彩検定3級講座」


 私がこの講座を受講したきっかけは、ブライダル業界への就職を希望しており、ドレスや小物など空間全体を含めた色のバランスが重要であると考え、色彩について勉強しようと思ったからです。

 講座では、1枚のシートに数日かけて貼ったカラーカードを覚えていくなど、色トーンの略表記や番号、イメージを覚えるのに苦労しましたが、友人と一緒に作業するなど楽しさも感じることが出来たので、最後まで頑張ることができました。また、講座内では「積極的に取り組む」ことを常に心がけていました。

 その他に、「ブライダルプランナー検定2級講座」を受講しました。目標であるブライダルプランナーとして、お客様に様々な提案ができるよう講座で得た知識を活かしていきたいです。

 正課授業後に講座があるため大変なこともありますが、受講し終わった時に自分自身の成長に必ずつながるので、受講して損はないと思います。色彩は、日常のファッションなどにも取り入れることができるし、一見関係無いようなことが実際に役立つことがあります。

 ぜひ挑戦してみてください!
「おひなさま」を作りました。
2024-01-15
カテゴリ:活動の紹介-こども学科
おひなさま
大学の授業は1月で終了してしまいますので、少し早いですが、3月3日の桃の節句の制作として「おひなさま」を、こども学科の「在宅保育」の授業で作りました。

今回のポイントは背景の「もうせんの赤」と「屏風の金」です。そこにおひなさまを置くことで華やかな作品となります。今回も、学生は「自分なりのおひなさま」を作成しました。
『kodomoe2月号』にて、こども学科 木谷安憲教授 原作の『かぜひきさんのおやくそくだもの』が、 ファーストブック賞ベスト20作品に選ばれました
2024-01-11
カテゴリ:活動の紹介-こども学科
『kodomoe(コドモエ) 2024年 2月号』(白泉社)にて、こども学科 木谷 安憲(きだにやすのり) 教授が原作を書いた『かぜひきさんのおやくそくだもの』(絵:わたなべあや・あかね書房)が、第16回MOE絵本屋さん大賞2023部門賞 ファーストブック賞のベスト20作品に選ばれました。
かぜひきさんのおやくそくだもの
『かぜひきさんのおやくそくだもの』
『かぜひきさんのおやくそくだもの』は、大好評くだものおやくそく絵本第3弾です。風邪をひいた子どもたちは、遊びたがって寝てくれないことも少なくありません。ゆっくり休むことの大切さを伝える、ありそうでなかった絵本です。「風邪をひいた子どもに優しく教えてくれるところがよい」という書店員さんのコメントをいただいています。
『kodomoe(コドモエ) 2024年 2月号』の紹介
kodomoe(コドモエ) 2024年 2月号
 【豪華3大付録】
1 別冊24P絵本 「ノラネコぐんだん おあそびブック」
2 別冊24P絵本 「たいせつなたまご」キッチンミノル/作
3 とじこみ付録 「パンどろぼう」 おすそわけ袋&ギフトシールセット

【巻頭大特集】
読んだ後も、ずっと一緒、ずっと楽しい♪
絵本とあそぼ!

●パンどろぼうと遊ぼう!
PART.1 キラキラ&つやつやのプラバン雑貨を手づくり
PART.2 おいしいごちそうを探しに行こう
●どんなおうち遊びしてますか? tupera tupera・小池壮太・えがしらみちこ
●ノラネコぐんだん手づくりおもちゃ
●遊べる絵本
●絵本の国のおもちゃ屋さん
●絵本みたいなかわいい文字刺繍
 
【第2特集】
ママの笑顔が家族を幸せにする
今日、“母”を休もう
Interview 柳原可奈子
 
【親子時間が楽しくなる記事がいっぱい】
◆きれいめトレンドも、ぜんぶ叶います!
ユニクロ&GUママの冬の2weekコーデ
◆もう重い鍋は必要ありません。
毎日フライパンごはん!
◆食べ飽きたなんて言わせない
あまったおもちでボリュームおかず
◆育児雑誌7誌が選ぶ、今年の育児トレンド
ペアレンティングアワード2023 菊地亜美・木村沙織
◆ロングインタビュー ハリセンボン 近藤春菜
◆ごはん、お片づけ、習いごと……自分でやってほしいのに
気質別「やる気のスイッチ」の入れ方
◆いつもの動作で筋トレ&カロリー消費!
生きてるだけでやせルーティン
◆第16回MOE絵本屋さん大賞2023部門賞
ファーストブック賞 発表!
 
【好評連載】
◆ だいすけお兄さんのシュッチョー☆パパシュギョー! 横山だいすけ・ヨシタケシンスケ
◆ 機嫌のいいママになりたい! 杉浦さやか
◆ 中川政七商店とつくる、季節のしつらい。
◆ 疲れていてもこれならできる! 10分献立 野口真紀
◆ 食べたいときにすぐ作れる こどもおやつ 福田淳子
◆ 季節の絵本ノート
◆ 書店員さんおすすめ新刊絵本 ほか
川口市立医療センターの病児保育の見学をしました(こども学科・西内ゼミ活動紹介)
2024-01-09
カテゴリ:活動の紹介-こども学科
令和5年12月22日(金)に、こども学科「保育・教育学演習Ⅰ」(西内ゼミ)の授業で、川口市立医療センターの小児科病棟を訪問して、0歳~中学3年生までのこどもを対象にした病児保育の具体的な取り組みについて見学を行いました。
川口市立医療センター正門玄関前
小児科病棟入口
 小児科病棟の病児保育担当の保育士さんは、当初、川口市内にある下条医院内の病児保育室で従事されました。その後、川口市立医療センターの看護補助者として勤務を行い、その間に通信教育で保育士資格を取得し、現在、病児保育の常勤保育士として約10年目になるそうです。

 主な職務内容は、小児病棟に入院した患児全員の病室訪問を行って、一人ひとりに合わせた様々な支援、季節ごとのイベントの企画、プレイルームや病棟内の壁面装飾、プレイルーム内にあるおもちゃの破損等の定期点検などの室内環境整備まで担当されております。
小児科病棟の壁面装飾
小児科病棟の壁面装飾
 また、通常は患児の年齢や発達段階に合わせて、身体を動かす遊びやゲーム等をプレイルームで行っておりますが、プレイルームでの活動が難しい場合には病室のベッド上で、おもちゃや絵本を用いた遊びに変更したり、学童期のこどもには製作活動やゲーム等も臨機応変に行っております。

 さらに、病後の後遺症のために身体に麻痺等が残ってしまったケースでは、リハビリ的な活動を一緒に行いながら、患児や保護者の入院に伴う悩みの相談にも随時対応しております。
プレイルームの様子
診療局長兼小児科部長 西岡正人先生(右から二人目)と一緒に
診療局長兼小児科部長 西岡正人先生(右から二人目)と一緒に
 なお、今回の見学を踏まえて、病児保育を適切に進めていくためには、保育士自身が保育の視点だけでこどもに関わるのではなく、医師、看護師、栄養士、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカー、医療事務クラーク等の多職種との情報共有を円滑に行いながら、こどもの状態に合わせてオーダーメイドの支援を進めていくことが何よりも重要であることを学ばせていただきました。

 このような機会をご用意くださった、小児科責任者の診療局長兼部長の西岡正人先生様並びに副院長兼看護部長の佐藤千明先生、小児科病棟の看護師長さん、病児保育専任の常勤保育士さんに心より感謝申し上げます。
小児科病棟の常勤保育士から学ぶ
小児科病棟の常勤保育士から学ぶ
小児科病棟の常勤保育士から学ぶ
※現在、川口市内には病児・保育室が4ヶ所あります。詳細につきましては、下記にあります川口市のホームページをご参照ください。
 
川口市病児・病後児保育ホームページ
 
川口市病児・病後児保育利用の手引きPDF
「ホテルビジネス実務検定ベーシック2級」を取得しました
2024-01-05
カテゴリ:検定・資格合格者の声
資格取得に取り組むことは学生生活を豊かにします
大学時代に資格取得に取り組むことは、専門科目を履修することと同様に学生生活を豊かにします。それは就職活動の際にエントリーシートに記載することで、応募した理由の裏付けとして活用できるだけでなく、社会に出たあとも取得したことが役に立つからです。

その観点から本学では35の資格を取得できる「資格講座」の受講を、在学中にひとつでも多く学生に取組むように指導しています。
ホテルビジネス実務検定試験
11月22日に行われた「ホテルビジネス実務検定試験(略称:H検 Hotelier Proficiency Test)」は、総合的な資格制度として、ホテルの実務知識の体系的理解度を測定するための評価基準となる検定試験です。

2023年度もホテル業界・ブライダル業界を目指す多くの学生が資格講座に取組みました。その中でもビジネス実務学科1年生の林あいらさんは、学内トップの成績を収めるとともに、受験者全体から見ても高得点で合格したため主催団体より「優秀賞」を受賞しました。林さんが、受講して合格するまでのコメントを寄せてくれましたので、これから目指す皆さんの参考にしてほしいと思います。
林あいらさんのコメント
Q:受講した動機を教えてください。
A:第一志望がホテル業界のため受講しました。
 
Q:授業の中で何か観光系の科目は履修しましたか?
A:はい、ホスピタリティ概論、テーマパーク論、観光交通論、ホテル経営論、旅行業法、観光ビジネス論、です。
 
Q:資格講座との関連性はありましたか?
A:ホテル経営論は、ホテルの歴史に残る人物も勉強するため、予習になりました。
 
Q:インターンシップやオープンカンパニーの経験を教えてください。
A:埼玉学園大学主催の大磯プリンスホテルでの2週間の泊まりによるインターンシップに参加しました。他にオープンカンパニーとして、近畿日本ツーリスト、パレスホテル東京、ホテルインターコンチネンタル東京ベイに参加しました。
 
Q:インターンシップの参加は資格講座の受講に影響しましたか?
A:改めてホテル業界に魅力を感じ、資格を取って就職活動に役立てたいと決意しました。
 
Q:資格講座の取組みが役に立ったのはどんなときですか?
A:観光地で「ジビエ料理」という看板を見かけた時に、野生の動物の肉料理なんだなと理解できたときです。
 
Q:資格講座の講師についての感想を教えてください。
A:模擬試験の点数を全てデータにまとめてくれ、自分の弱い科目や合格率まで計算して下さったおかげで、重点的に勉強すべきところが分かりました。
 
Q:資格を習得したことによる好影響は、どんな点だと思いますか?
A:ホテルの業界用語や役職、仕事等の知識がある程度習得できたので、ホテル業界に就職したあとの不安がなくなり、新入社員のうちから活躍できるという自信に繋がりました。
 
Q:これから受講を検討する学生に向けてのアドバイスがあれば教えてください。
A:過去問をとにかく解いて、自分の苦手な章(分野)は特に重点的に勉強する、ビジネス実務学科冨吉 光則 准教授が出ると言ったところは頭に入れておく、これをしておけば合格間違いなし!です。頑張ってください!
TOPへ戻る