学習成果

ビジネス実務学科では、学科の人材養成目的に沿って編成された教育課程において、卒業要件を充足する各授業科目の単位修得を前提として、ビジネスの現場で活躍できる知識とスキルが身につくとともに、職業生活や社会生活で必要な問題解決力やコミュニケーション力などの能力を向上させることで示されるものである。

卒業に必要な単位の内容は、「学科基礎科目」と位置づけている経営学などの「コア科目」、英語などの「言語科目」、文学などの「教養科目」、キャリアデザインなどの「キャリア科目」、「ゼミ」の中から32単位以上と、所属する「経営・マーケティング」、「会計・ファイナンス」、「情報・メディア」、「心理・医療」のいずれかのコースの「コース専門科目」を重点に、他コースの科目も含めたビジネス専門関連科目、他学科開講科目及び他大学開講科目8単位以内を含め、34単位以上の修得を必須として、合計では68単位以上となっている。

また、ビジネス実務学科の教育課程の履修によって達成すべき知識・スキル・態度は、次に掲げるとおりであり、これらの能力と併せ、エクステンションセンターの活用等により、簿記会計、不動産、金融、ビジネス、情報処理等の資格を取得し、職業生活の実務で活躍することを「学習成果」として期待する。

  • 激変するビジネスの現場において、ヒトや組織の管理と、モノの流通・販売の管理に関する専門知識・能力。
  • ビジネス活動において欠かせない「おカネ:資金」の調達・運用に関する専門知識・能力及び、経営活動を貨幣数値で記録し・利益計算し・株主に報告する簿記・会計の専門知識・技能
  • ICT(情報通信技術)が高度に進化する社会において、情報機器やネットワークを駆使してビジネスを実践するための専門知識・技能
  • 複雑さを増す人間関係や日々進歩を遂げる医療ビジネス分野において、ヒトとのコミュニケーションやヒトへのケアを実践するための専門知識・能力

「学習成果」を査定し得るアセスメントについては、学科組織、教育課程、プログラム等のレベル、学生個人のレベルに大別されるが、以下では要素ごとに両者のアセスメントを併記する。

①教育課程の履修で身についた知識・スキル・態度により、ビジネスの実務に従事する。

  • 資格取得状況
  • 進路(就職・進学率)や就職先の状況
  • 卒業生アンケート

②ビジネス現場で活躍できる専門的知識と実践的技能を専門科目や教養科目を通じて修得する。

  • 履修状況
  • 授業外学習の状況
  • 取得単位数
  • 卒業、休学、退学の状況
  • 成績評価
  • 授業アンケート

③「知・徳・技」の建学の精神を理解し、職業生活や社会生活で必要な問題解決力やコミュニケーション力を修得する。

  • エクステンションセンターの受講及び資格取得状況
  • 少人数制ゼミでの評価

© 2016-2017 Kawaguchi Junior College. All rights reserved.