荒川区立保育所(保育士)「短大で学んだこと、そのすべてが役立っています。」

こども学科

2015年度卒業

立 石 さん

(埼玉県立大宮中央高等学校出身)

東京都荒川区立の保育園で、0歳児「ひよこ組」の担任をしています。まだ首の座っていない赤ちゃんからもうすぐ1歳になる子まで、月齢によって成長の個人差がとても大きいのがこのクラスの特徴。特に短大の乳児保育で学び実践した、おむつ替え、着替え、声のかけ方、おんぶひもの使い方、沐浴方法など、どれも役に立っていることばかりです。現在12名の園児を4人の保育士で担当していますが、目の前にいる子どもだけでなく、ほかの子は何をしているか、危険はないかと常に目を配らなくてはなりません。おもちゃの取り合いや、ちょっとしたトラブルを未然に防ぐのも保育士の役目なので、早く先輩方のように視野の広い保育士になるのが目標です。

Comments are closed.

© 2016-2019 Kawaguchi Junior College. All rights reserved.