こども学科「地域子育て支援論」を受講している学生と上野動物園へ行ってきました

 2022年11月24日午後、小春日和の中、こども学科「地域子育て支援論」を受講している学生のうち5名と、上野動物園へ行きました。

 

 

 地域子育て支援論は、「地域のさまざまな子ども・子育て支援の場について知り、実践する」ことを目的としています。今回は、「上野動物園で親子遠足をする」ことを想定して、園内を巡りながら、環境や展示などにおける子どもや親子への配慮や工夫を探しました。

 

 

 

 大人気のパンダは40分待ちで諦めましたが、2時間ほどの滞在時間で、広い上野動物園の西園・東園を全てめぐることができました。

 

 

 

 実際に全体を回ってみると、

 「園内が広く、坂も多くて、子どもや親子でめぐるには思ったより大変!」
 「行く場所やねらいを定めて出かけないと、見きれないし楽しめないのでは?」
 「準備や下見が大切だと改めて思った。」
 「子どもも多く来ているのに、展示が大人向けの高さにあるし、表現も大人向けだった。」

 など色々なことが見えてきました。

 動物園自体に行くのも皆久しぶりで、童心に帰って動物たちの生の姿を思う存分楽しむことができました。

こども学科 准教授 佐藤晃子

c 2016-2023 Kawaguchi Junior College. All rights reserved.

オープンキャンパス・資料請求申し込み