「まあせんせい」と保育について考えよう!

 こども学科の「保育・教職実践演習(幼・小)」は、教職課程および保育士養成課程の必修科目です。「これまでの学びをふりかえる」と題し、卒業まで半年を残すのみとなった2年次後期に、入学以来これまで学んできた教員または保育士になるために必要な知識や技術について、習得できた内容を整理するとともに学びの確認を行うことを目的としています。

 「実践演習」という科目名にふさわしく、全15回の授業のうち5回程度は、学外から保育・教育の第一線でご活躍の先生方を特別に招いて、広い視野に立って保育・教育について理解を深めていく時間を設けています。

 今回の特別講師は「まあせんせい」で有名な、学校法人菊池学園理事長菊池正隆先生にお越し頂きました。菊池先生は、保育士で唯一TBS「情熱大陸」に取り上げられ、その後、静岡第一テレビの子ども番組で歌のお兄さんとして9年間レギュラー出演をされてきました。全国で親子コンサートや講演会、オリジナルの手遊びや歌を紹介してきました。保育教材の本の執筆、DVDなどの出版も行っています。

 まあ先生とたくさんの手遊びを行っている学生はとても楽しそうでした。みなさん生き生きとした表情で笑顔が絶えない空間につつまれていました。手遊びを行う対象年齢、どのように手遊びを通じて子どもと関わるべきか、手遊びを作成したエピソードなど様々なお話をお聞きしました。いつもと違う保育に対する考え方を聞くのも、とても勉強になりましたね!越谷市にある「学校法人菊池学園しらこばと幼稚園」は、川口短期大学の学生の実習先でもある、とても身近な認定こども園です。新しい保育観や保育方法に触れる事が出来る楽しい時間でした。

 常に本学の教育活動にご協力頂き、ありがとうございます!

 

 

 

c 2016-2022 Kawaguchi Junior College. All rights reserved.

オープンキャンパス・資料請求申し込み