別冊太陽『絵本で学ぶSDGs』(平凡社)にて、こども学科木谷安憲教授が長谷川義史さんの『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)を紹介しています

 『別冊太陽 絵本で学ぶSDGs』(絵本でSDGs推進協会 (編集), 中川 素子 (編集), 平凡社)にて、こども学科 木谷 安憲 教授が、長谷川義史さんの『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)を紹介しています。

『別冊太陽 絵本で学ぶSDGs』, 絵本でSDGs推進協会 (編集), 中川 素子 (編集), 平凡社

 

 長谷川さんが世界の子たちへ平和への願いをこめて描いた絵本を、風をキーワードにして「ラーメンの匂いと湯気は、風に誘われとなり町に行き、やがてとなりの中国やアジアの国々をめぐる」というふうに紹介していきます。

 

『ぼくがラーメンたべてるとき』, 長谷川義史(著), 教育画劇

 

以下は、このムック本の紹介になります。


持続可能な地球を目標に、2030年までの達成を掲げたSDGs。
言葉は聞いたことがあるけれど、詳しく知るのは難しそう……という読者のために、SDGsがもっと身近に感じられる絵本を、絵本専門士が厳選!

絵本を通してSDGsを楽しく学べる、新しいブックガイド。

【構成】
◎SDGsを知ろう! 原 琴乃

◎SDGsを絵本で学ぼう!
17のゴールに沿って絵本を紹介。
ゴール1「貧困をなくそう」から、17「パートナーシップで目標を達成しよう」まで、計91冊の絵本で、地球の未来を考える。

◎スペシャルインタビュー
「もったいない」から考える地球のこと
『もったいないばあさん』作者・真珠まりこさんに聞く

◎コラム SDGsを身近に学ぼう!
塩尻市立図書館 「学び」を身近に! 公共図書館の取り組み
NPO法人 アトリエPetata 山と海が近い神戸がひとめでわかるジオラマ制作
京都市動物園 いのちは循環する ゾウの糞で紙すき体験

◎往復書簡
三人の先駆者に学ぶ 地球の未来とSDGs
中川素子×石井光太・新宮 晋・落合恵子

◎絵本の視覚表現を通して、子どもに伝えられること
『森の子 レオ』を例として 中川素子

c 2016-2022 Kawaguchi Junior College. All rights reserved.

オープンキャンパス・資料請求申し込み