「ツーリズムEXPOジャパン2022」に行ってきました!

 4年ぶりに東京での開催となった世界最大級・旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2022」に、観光業界に進路を希望する学生が参加してきました。

 9月23日の業界関係者の商談会にビジネス実務学科 齋藤 篤史 教授の引率により埼玉学園大学川口短期大学双方から早朝より参加し、世界 136ヵ国・地域、1,441企業・団体が出展する会場内をじっくりと見学し、たくさんの情報と刺激を受けていました。

 

 

 またビジネス実務学科 冨吉ゼミでは22・23日の2日間6名の学生が、トラベルソリューション展2022にブース出展した「観光予報プラットフォーム推進協議会」ブース内にて実際に接客をするインターンシップを経験しました。ブース内では観光DX(デジタルトランスフォーメーション)の説明を行い、多彩なゲストをお迎えしたセミナー会場での観光DXセミナーのサポート業務も行い、さらに関係者の好意により業界関係者のみの商談スペース「ビジットジャパントラベル&MICEマート2022」の視察にも同行させていただき、大変有意義な時間を過ごしていました。

 

 

 開催に先立って政府から発表された10月11日からの個人訪日客の受入解禁、円安効果も生かしたインバウンド増大を図ることで回復が見込まれる観光産業。多数のブースを訪問して観光情報を集め業界関係者の生の声を聞けたことで、今後の業界研究と観光科目の履修意欲の向上、進路選定にも大きな刺激となりました。

 

 

【2日間同行したビジネス実務学科 冨吉 光則 准教授のコメント】
 「世界の主要な国・地域の観光関係者、国内は北海道から南の沖縄まで多くの自治体、観光サービス提供者・関係者が集い、対面で開催された国を挙げての大規模な展示会に、本学学生が主体的に参加したことの意義は大きい。訪問した学生は業界と企業研究の参考になったことでしょう。またブース対応した学生は初めてで困難なタスクであったにもかかわらず関係者からその真摯な取り組み姿勢に対し、高い評価をいただきました。ブース対応の機会を作っていただいた関係各社様に深くお礼を申し上げます。」

 

c 2016-2022 Kawaguchi Junior College. All rights reserved.

オープンキャンパス・資料請求申し込み