広告会社での一日インターンシップを通して、広告&マーケティングの仕事を学んできました!

川口短期大学では、多くの職場を学ぶ機会を得ることを目的として、学生向けのキャリア教育を校外学習にて行っております。今回は、広告企画及びメディア運営・開発事業を手がける「株式会社ロウプ」様にハンズオン形式の研修を実施していただき、広告とマーケティングの仕事内容について学んできました。

実施日:2022年5月27日 (金)

10時30分

新宿区市谷左内町のロウプ本社に訪問

10時30分

キックオフミーティング (会社説明と自己紹介)

10時40分

「企業のマーケティング活動とコミュニケーションについて」

※マーケティングのおさらい、メディアの変化と企業のコミュニケーション活動の変化、オンラインPRなど

12時00分

本社屋1Fのロウプキッチン (同社直営のカフェ) にて昼食をとり、関係者の皆さまと交流

13時00分

「企業のデジタルコミュニケーションについて」

※デジタルマーケティング概論、企業のブランディングの取り組み事例紹介など

14時30分

「マーケティングオートメーションについて」

※マーケティングオートメーション概論、企業のリード獲得/CRM (カスタマーリレーションシップマネジメント)の取り組み事例紹介など

16時00分

「ロウプでの実務について」

※デジタルマーケティング関連案件での実務紹介など

16時50分

デブリーフィング (総評)

 



 

【学生のコメント】

ビジネス実務学科2年
広告は時代の変化や世代に合わせてアピール方法を変えることで、ターゲットの目につきやすくなり、認知を拡大することができると学んだ。マーケティングオートメーションやCRMについて知り、お客様情報から企業戦略を立案するというアクティビティは大変貴重な経験であった。また、実際にバナー広告のデザイン案を制作してみて、その難しさを実感した。それとともに、自分が創り出したものが採用されたり、クライアントの希望に沿ったものが完成した時は、達成感とやりがいを感じる仕事だと思った。

 

織戸恒男准教授のコメント】

「株式会社ロウプ」はデジタルテクノロジーを駆使することによって、広告をはじめとする企業のマーケティング&コミュニケーション戦略を企画・提案し、事業成長を実現させる高度なプロフェッショナル集団です。今回は、そのロウプ様のご協力のもと、本学において広告・マーケティング業界を志望する学生を対象に、ハンズオン形式の研修を実施していただきました。

自分ブランディング企画やバナー広告の制作などワークショップも交えながら、企業のマーケティング&コミュニケーション活動の実際、ブランディングの実例、SNSマーケティングの企画、マーケティングオートメーション&カスタマーリレーションシップマネジメントの運用、インターネット広告の立案など、非常に実践的な仕事の内容を学ぶことができ、参加した学生も今後の就職活動に向けて自信を深めることができたと確信しています。大変お忙しい中、一日インターンの企画と研修の実施をご対応いただいた関係者の皆様に、心から感謝申し上げます。

c 2016-2022 Kawaguchi Junior College. All rights reserved.

オープンキャンパス・資料請求申し込み