フィールドワーク「東京都庁」を見学しました

ビジネス実務学科 平澤純子ゼミ1年生は、「東京2020」を8か月後に控えた東京の心臓部、東京都庁を見学しました。「記憶にあるオリンピックはロンドン、リオデジャネイロくらいかな」と語る学生(若い!)。由緒正しき五輪のフラッグに歴史を感じていました。学生は日頃観光関係の授業も受けていますから、都庁内の東京観光情報センターや全国観光PRコーナーで、観光のPRの仕方を見学しました。ですが、いつの間にか自分たちの行きたい観光地のパンフを手にしていました。

せっかく都庁にきたのですから、地上202mの高さから東京見物ができる展望室に行かない手はありません。スカイツリー、東京タワーはもちろん、東京の街を一望することができました。都庁の建物は立派ですから、「こんな建物で働くのはどんな気持ちだろうね」などと話しながら都議会議事堂へ。よくニュースで映っている本会議場も入ってみました。やはり、どこもかしこも立派です。学生は「ビジネス社会と出会う」の授業で、毎週大企業の方をお迎えして各社の事業内容を拝聴しており、様々な企業がオリンピックと関わっていることを感じとっています。オリンピック、パラリンピックは世界の大イベントです。これを担う東京と、その司令塔がどんなところなのか。いつもより視野を高く、広くしてみたフィールドワークとなりました。

© 2016-2020 Kawaguchi Junior College. All rights reserved.